セフレとお互いに尋ねました

セフレと…
私は誰かにそれをあきらめたい
私は私の体だけを愛したい
セフレが唯一の機会でした。
彼は親切な人だった。
彼は私がそれを一度嫌ったと言った。
次は…あまりにも…私はお互いに尋ねました。

セフレを抱える男性を徹底研究する、とある女性。

私はデートを繰り返しながら、私はそれを好きになった。

私は好きな人がいます…
それが理由です
私はすぐにさよならを言うことができません。
しかし、たぶん私は見守っているという自信がありません…

セフレそれは確かです。私はお互いに忙しく、時間を得るのは難しい日であり、不満が募られています….
今月、私たちは二人とも出席する年末パーティーの後、少しずつセックスをしています。
リアルタイムがなかったので、それはただの普通のセックスだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です