出版社を去る越谷セフレ

“2018年11月12日の日の会社のほとんど私は出版社を去り、バンド越谷セフレになりました。玉川七福氏は2日に話をしました。

なぜあなたは越谷セフレになったのですか?

私は出版社として働き、編集者として働きました。
生涯学習を続けようとすることは何も考えず、私は日本のものが好きなのでそれに進むことにしましたが、私は日本人形教室が新しくオープンした三味線教室に参加しました。

三味線クラスの主人が演じる三味線の調子は、とても美しくて本当にすごかった美しい調子だったと言われています。

越谷セフレは出版社で働くこと以外に、学ぶことによって専門家になるつもりはありませんでした。
しかし、本人自身の意図とは別に、彼は初めに三味線教室の講師であった玉川太郎氏の詐欺師として始まった。

三味線は貧乏人なので「叱責者を徘徊する人をやろう」と福太郎の先生に言われて一人となる。浪曲の面白さを感じるためには、それをそのまま曲げることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です