情熱をセフレに注いでいます

セフレの元カノ、石田あゆみ

老人と老婦人の前で
再会…
その後のストーリー展開に情熱を注いでいます
になったことを覚えています

セフレさん
「忘れましょう…愛の終わり」
書くために
とてもふさわしいドラマでした

渡辺淳一の不倫「楽園」
男と女が楽園として解釈する=耳障りなことは嘆かわしい

渡辺淳一は死ぬまで性的活動をしている
について書いています
「エロ本」ではなく「エロス」

渡辺は病院で働く医者でした
妻と子を残す
愛人と一緒に上京して作家になった
セフレ「楽パラダイス」主演
川島さんと仲良しでした

プロデューサーは川島さん
「凛子のイメージが台無し」
私はそれに非常に反対しました
秘密を知っている渡辺さん、
「川島じゃないとできないよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です