越谷のセフレに配達する義務はありません

出版物を発行する場合、発行者は、国の機関またはそれに相当する機関(独立行政機関または一部の特別公社など)および地方公共団体またはそれに相当する機関(越谷のセフレ、土地開発公社)です。法人等)。民間の出版社の場合は、出版日

越谷セフレとの出会いをみつけよう!今からできる簡単な方法

から30日以内に、法定部数の国立国会図書館に最良かつ完全な出版物を直ちに送付する必要があります。
部数は、国の機関が5〜30部、独立行政法人・都道府県・指定都市が5部、都道府県が設立した法人が4部、指定都市以外の市区町村、町村が3部です。市町村が設立した法人が2部、民間の出版物が1部あります。
個人刊行物は必ずしも出版社による商業刊行物ではありませんが、いわゆる自己資金による刊行物や同人誌も納本の対象となります。

個人の出版物は、主に営利目的で出版され、配達する出版社は小売価格の約50%で「補償」されることを考えると、無料で配達する義務はありません。として支払われます。出版社は、国越谷のセフレ%の支払いを要求する伝票を切り取っており、「製品のコピー1部が国立国会図書館に5回売られている」というのが現実である。
この納本は、越谷のセフレでも珍しい日本の納本制度の大きな特徴です。
——————————————-

上記の難しい話は別として

デジタル社会になりました

納本の対象となる出版物が変更されました!通知!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です