セフレに何かを返さなければならない

セフレが優勝した。

今日はそんな話。

セフレグランプリについて

島田真吾委員長

セフレはいつも、漫画の途中をやめるという罪悪感から「何かを返さなければならない」と考えました。

セフレと金銭の関係

また、セフレ仁志氏とのインタビューで、「松本信介」の中で「面白い人を決定するコンテストがほしい」との考えが具体的に出てきた。

また、紳助は芸人をあきらめるチャンスを作っていたとも伝えています(^^;

このような状況の下、吉本興業が主催する2001年に設立される。

この名前は「コミック」の最初の文字「M」から取られ、「K-1グランプリ」などに続いた

ただし、コンテスト、トーク、歌(ピンミークは使用不可、センターマイクは1本のみ使用可能)などの漫画に限らず、許可されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です