佐賀のセフレに怒りのメールが届きました

少しイライラしました。 』\
「真面目な出会いを探しています」という佐賀のセフレメールが届きました。
29歳、東京都港区。
女性からのメールはポイントがかからないはずなのに、もっと手間をかけずに「本気」なボトルメールを送ってくれました(笑)。

笑っているようだったので、「本気なら佐賀のセフレメールはないと思いますか(笑)」と指摘すると、怒りのメールが届きました。
https://www.nikukai.jp/saga-sefure/

おもしろいです(笑)。彼女はこのような交流を楽しんでいるので、言葉の意味からもっと丁寧に指摘すると、メールの最後に「8を打つのはやめてください」と断った。
まあ、ごめんなさい。

いいえ、8ヒットではありませんよね?私は佐賀のセフレただけにイライラしました。それは正確ですか?
日本語を使い続ける
明日の端 ”

この作品は、もともと日本で書かれ、ハリウッド映画になり、トム・クルーズが主演したため、話題になりました。
映画を観る前にコミカルな原作を読んでいたので、ストーリーの核となる「ループ」を最初に知っていましたが、この作品を楽しむのは大きなマイナスだったのかもしれません。 ..

それでも、SF商品では使い古されたような佐賀のセフレループ商品がこのように活用できると考えるのは興味深い。

コミカルな雰囲気ではなく、キャラクターは真面目でしたが、トムは何も言わずに何度も殺され、笑いを誘う空気だと感じました。
それでもトムは、ループから抜け出せないためにヒロインを救えないシーンを繰り返し味わうと、だんだん苦味を感じる主人公を魅了します。

ラストの描き方は本当にハリウッドで、幸せな可能性を感じさせるカーテンが描かれています。原作の悲しみと悲しみのラストも良かったですが、これも良かったです。とりわけ、最後のループを超えた最後のシーンでヒロインに会ったときのトムの笑顔は魅力的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です